自分の商品に安い値段しかつけられなくて悩んでるひとへ。ノウハウジプシーさんに知って欲しい価格のはなし

今日は女性の独立起業のよくある悩みの中の、

単価をあげられない
値段がつけられなくてそもそも商品をリリースできない

という悩みに、

 

10年以上にわたる実際の経験&100万円以上かけたきた学びの集大成から得た「事実」を書きたいと思います。

 

このはなしはノウハウジプシーになりかけてる、がんばっていてこのタイトルが気にあって思わずクリックしてしまったあなたにぜひ知って欲しいはなし、です。

 

◾️過去に犯したアルアルな過ち

過去わたし、ものすごく安い値段でサービスを提供していたことがあります。

それこそ起業当初ですね。

 

もちろんスタートアップで実績があるわけじゃないし、

専門職のキャリアとしては十分にあったけれど、“独自のサービスとしては“という意味では数をこなして「データ」が欲しいな…って気持ちもあったのがその理由。

 

 

はい。
その理由は綺麗事です。

 

 

ホントの一番大きい理由は

受け入れられないことがめちゃめちゃ怖かくて「このくらいの価値はある」って本当は思ってた値段をつけられなかったから

でした。

しかも見切り発車で起業なんてしてしまったから「原価」とか「経費」とかに後から気づくっていう(笑)

そんなで「このくらいなら受け入れられるかな…」っていう「恐れ」から、かな〜り安い価格づけで提供していたわけです。

 

もうね、
死にそうでした(笑)

売り上げ交通費で終わっちゃったってこともしょっちゅうありましたからね(涙)

 

内容ですか?

責任をしっかり持って、
やるべきことは一生懸命やって、
奉仕して奉仕して。

きっと今よりもずっと神経質にキリキリいろんなこと気にしながら、今と変わらず誠意を込めてやってましたよ。

 

 

◾️その結果起こったことと、やったこと

その結果。

仕事自体を嫌いになりかけました。
自分の価値の低さに惨めさがどんどん膨らんでいきました。

 

あたりまえですよね(笑)いまなら「ホント、アホだね!」って言えますが…当時はかなりすさんでました…。

 

それよりずっと以前のある時期にわたしは、人生の不足や不安、不満を変えるには「環境を変えることが1番だ!」と思っていて、何度か思い切った環境の変化に自分を突っ込んだことがあります。

それこそ全く違う業界にキャリアチェンジをしてみたり、
人間関係やつきあいをガラっと変えたり
新しく何かを学んでみたり、ですね。

 

なんか極端だなwww

 

でも思ったような結果はいつも得られませんでした。
というか、悩みの本質はいつも同じでした。

 

だから、そのときもそうしたい気はあったけど「それは違う」ってことを知っていたのでそれはしませんでした。

 

悩んで悩んで悩んで。
グリグリに落ち込んでぐるぐるになって。

最後にこう決めました。

 

今までを全て手放してでも、
今ここで新しい自分の決断を選択しよう

って。

 

 

◾️驚くべき結果と、年数と学びの数々を経て真実とわかったその理由と。

それからわたしは

 

その頃から比べて3倍の値段にしました。
(全体ではなくある同じ商品に対してです。)

嫌だと思ってたことは全部やめました。

それこそ集客のための活動すらやめたんです。

 

また極端だな(笑)

 

でも申し込み頻度は変わりませんでした。

お客さんからの信頼度も理解度も以前よりもずっと上がりました。

何より自分がホッとしたことで、

恐れも焦りもなくなったことが1番うれしかった。

 

それからいろんなことがうまく廻りはじめたのでした。

 

恐れから何かをアタマで考え出して行動していることはありませんか?

それほんとうまくいきません。

 

だからってそれを解決できそうな何かを「足す」ことも、人に聞いてそれを実行してもやっぱりうまくいかないです。外に向かって何か行動しても事態は変わらないか悪化するだけ。

 

代わりに自分に問うべきなのは

 

どうしてそんなに恐れてるの?

 

ってこと。

 

恐れの中にいるときって、その思考からの感情は無意識レベルに働いて、

 

完全に視界を奪われてます。

 

そこから自分を解放した、いわゆるビフォーアフターのアフター状態に行けばほんっとによ〜〜〜〜く思い知るんですけどね。 そこにいる間はほんっと気づきにくい…。

なんかざわつくな…っていうときや、その「恐れに「気づいている」状態」のときって、自分を見ている自分がサインを出してるんです。

※ざわつきやモヤモヤは「恐れ」とはまた別のものなんですよ。

 

結局のところ「恐れ」の原因になることって「全体」じゃなくて、もっと細かいところだったりするんです。

結局わたしが仕事すること自体が(ほんとうはもっとドロドロした感情でウツ状態でしたけど)嫌いになってしまったことって

単純に自分が自分の商品に値段をつけられない理由や前提をよく見もせずに、適正だとは思ってもない値段をつけた

ことが原因でした。

 

つまりは事実だけ抜き取るなら

 

自分のある商品に〇〇円とつけた

 

ただそれだけです。

 

でも中身はこうです。

 

自分が自分への価値をそうつけた。

 

自分が自分に「決めた」んですよ。

 

そこにはお客さんは関係してないし、誰も何も関わってないわけです。

 

でも自分がそういう「前提」で世界を生きようって「決めた」って意識はなくても無意識の中では「決めた」ってなってるんです。

じゃあなぜ3倍の値段にしたのに、売り上げも上がってお客さんとの関係もさらに良くなったんでしょう?

そのときに「変えたこと」は、そうしたことへの自分自身の「前提」だけです。

 

具体的には

わたしがわたしの商品にその価値を認めた
わたしが相手の行動や言動に一方的な意味をつけるのをやめた

というふうにね。

 

でもね、世界って思うよりずっと想念で次元が変わっちゃうもんなんですよ。

だって自分が何か発信しようとするのも、商品という自分の分身を提供するのも、それを届けるのも、お金を受け取るのも払うのも全部「エネルギー」が関連してるから。

 

わたしのビジネスの本質を指導してくれたししょーや界隈では「謎のエネルギー論www」とときどき言ってますが(笑)

 

ビジネス、起業、仕事(会社員でも派遣でも)。

一見複雑なように見えるけど、実は実は、こういうことで本当に変わっちゃうんです。

 

◾️超絶リアリストの、41歳で、そろそろ起業10年選手になろうとしてるわたしだからこそ受け取れるひともいるかな、と。

すいませんがわたしは超現実主義です(笑)
若い頃とか学びが成熟するまでは見えすぎて整合ができなくて受け取れきれなくて逃げてましたけどね(汗)

こういう「マインドに寄り添う系」で、でも実はゴリゴリな売り込みのキャッチとかにうんざりしてたり、フワフワ優しいスピリチュアルに不信感持ったりしてきつつも

実際の検証はそれこそ地道に10年以上にわたってやってきてますのでご安心を(笑)

 

今ある状況で
今から

自分の世界を最高の場所に変えることは

できます。

 

ほんと、すごいシンプルなことなんだけど、誰が言うかっていうところでキャッチできるかできないかっていうのあると思うのであえて私も発信することにしました。

 

だって、

超リアリストで
起業してぼちぼちながらももう7年以上もほとんど途切れず常に稼働してて
特にアイドル的な要素はないしカリスマってわけでもない

ほんとにほんとにそこらへんにいそうな、まあまあ人気ありそうなねーさん(ってももう41歳ですwwww)

っていそうでいないじゃないですか♡

 

数えきれない発信の中からわたしも随分救われたし、いまでもその関わりは何かしらに繋がってます。

 

値段つけられない…とか「ほんとはこの値段にしたいのに…」って悩んでたら

ぜひ参考になればうれしいです♡

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です