自分の外見に気を使うになると他の問題も解決する理由。その「メッセージ」にちょっと驚いたはなし

こんにちは。
うららかな春のような日差しの中でこれを書いていますが。。。季節はきっと冬。

最近の日本の気候は気性が少々激しいですね〜

そんなことはさておき。

今朝とってもイラっとすることがありまして。
そのことでちょっと考察というか、自分の中身を探ったりしていろいろ潜っていてハッ!と気づいたことがありました。

それは表題そのものなんですが、まさに

自分の外見に気を使うになると他の問題も解決する理由

が紐解けた、というハナシです。

 

スポンサーリンク

「内面から変化した」は反響の定説だった

わたくし、2011年からオリジナルのメソッドを組み立てましてメイクレッスンを主宰してきてはや8年。

出張のヘアメイクなども含めて関わってくださった方にご感想として言われることは

「こんなに”深い”ものだとは思ってなかった」

というご意見。

 

ここにもありますが、わたし自身、人生に”苦悩”を見出したのがかなり幼少のころからで、その後だいぶんオトナになるまでかなり”苦労”したという経験から

「しあわせになる」

「しあわせな人生を送る」

「運のいい人、豊かなひとになる」

という願望というか、もうこれは渇望と呼びましょうか。

かなりそれが強くて、それを探求せざるを得ない状況にもなぜかよく遭遇したものですから、生業として選んだ職業選択への、いっちょまえになるぞ!という欲と同じか、それ以上に、そっちの分野についてもねば〜〜り強く学んだり実践を繰り返して検証を重ねて重ねてやってきました。

 

そうしているうちになぜか本質の部分での繋がりを、やってるうちに発見してしまって。
だからといって、結びつけるセンスとか、ネーミングのセンスとかもそんなにもってなくて。

ひとさまにアウトソースして投げてみたりもしたけどしっくりこず、で、とりあえず「メイクレッスン」って単純に呼んでますが、結構ふかいところへ入る類のモノでございます。

その理由はまたどんどん書いていくのでご興味ある方は読んでいっていただくと自然と繋がると思うのですが、とにかく現段階では「そういうもの」とだけ表現しておきますが・・・

 

とにかく。

「いろんなことがこんなにガラっと変わるので驚いています!」

というご感想はいくついただいたかわかりません、というくらいもらっております。

その理由は理屈ではわかっていたし、ちゃんと説明していたんですが。。。実は自分自身でそのことを理屈どおりに実感したことってなかったんです(笑)

何万とひとさまの変化を見ていたから知っていた、というところだったので。

 

イライラする原因をつめていったら

 

ハナシは今朝のイラっと事件に戻します。

まあ、簡単に言うとパートナーの行動にイラっ!!!としたっていうやつだったのですが(笑)
わたしはこういうとき相手にそのことをそのときの感情のまま伝えるってことはしないで自分に潜ります。

大事な理由があるからなんですが、それはまた書きます。

じゃあ、どういうことにどんな感情や思考を抱いてるんだ?というところを彼が出かけたあと、今日は余裕があるスケジュールなので見ていったんですね。

怒り→相手への責め→被害者意識→それを定義している自分の「信念」。。。と、もぐっていくと行き着いていくんですが(これはトレーニングの結果です。自然にはならないと思います)

これはいつもの流れで、もちろんモトになっているところまで行き着いていろいろ発見はできたんですが・・・

なぜかすっきりしない・・・

 

なんでだろう?って思ってて、何げなく昨日からハマっている、ある映画のサントラをききはじめたんです。

その前にわたしはパートナー以外のことでもモヤっとしてまして。そこもすっきりしてなくて心中モヤモヤ・・。

気分転換に、という気持ちで。

そしたらメールかなにかの通知を見たついでに何か検索してたスマホの画面で、その映画の主題歌の動画がぱっと出たんですね。

その主題歌がたしかグラミーかなんかとってて。
その受賞シーンがけっこう話題になったもので。「お」、と動画を見たんです。

そしたら急につながりました・・

今朝の猛烈なモヤモヤの原因は自分に気も手もお金もかけるの惜しんでたってことだったってことが。

 

なんでもちょっと「工夫すれば」いい、で来てた

たとえば自分が「ほしい!」と思ったものがあったとして、いまでこそ、あまり値段も気にしないで、

はじめに心がいい!と思ったものを買う

ということをありがたいことにできていますが、ほんのちょっと前まで、どんな”買い物”であっても、一円〜数千円の差にいちいち反応して得する・・損する・・という「お計算」をアタマの中でやるのがクセでした。

これはでも解消はしてて。
でも、ただ単にお金に対する意識を改革できたんだ、っていう感覚でいたんですね。

今朝イラっとしたのも「なにもしてくれない!」的なことだったので、またこういうループが再生してるのかな〜?程度に感じていたんです。

が。

ちがいました。

 

「じぶんが自分になんにもしないし、我慢してればいいってしてるんじゃんか」ってことを「再生」してたってことが繋がったんです。

 

こういう”イラっと事件”からあぶり出される変化って、これまでだと「関係性」のことが主で、”相手ありき”のことだったんですね。

そっから自分自身の扱いについてっていう部分も出てはいたけど、今回は完全にそこがメインというかんじ。

気が付いた瞬間、朝から鏡を見たときに感じていた”違和感”がやっと言語化されていきました。

自分をもっと丁寧に、最重要に扱えよ!!

それがほんとに「ふさわしい」でいいのかよ?

いまアレとコレが必要なんですけど?

と。。。

・・・すぐに取りかかりました。

 

すぐにそこに取り掛かってわかったこと

そこかあ。と思って、メイクや美容のことは幸いわたしはすぐに、最上級の対応ができるので早速とりかかりました。

どすっぴんで、さらにしばらくいろいろ放置気味(笑)だったので一気に、丁寧に(といってもチョッパや手軽さは妥協なし)手をかけていきました。

もちろん見た目はぎゅんぎゅん変わっていきます。

そこはひとさまにも提供している立場ですので、淡々と、ロジカルにやってゆきますので特に感動はなく

が。

です。

なんかねー、作業ごとにどんどんどんどん意識が「自分」に戻っていったんですよ。

 

ちょっと表現しにくいですが、それまで「問題」とモヤっていたところから

相手とかなんらかの要因(環境)から意識が独立して自由になったかんじ

になりました。

 

結論、他のことまで変わってしまう「理由」とは

ここまでの経緯を逆説で解くと、

自分から視点がズレているのを物理的に自分に視点と意識を戻すこと

自分への無頓着、無関心に気づく

手をかける、意識を集中することによって「根本の欲求」が満たされる
(大切にされる、愛される、手をかけてもらう、お金をかけてもらうなど)

相手がいなくても「問題」は解決しているが、なぜか相手や現実も変化してくる(!)

という流れ。

ひとさまで検証してきたことと、自分自身のなまなましい体感とを併せて再実感しました。

 

文言は以前から説明してきたこととなんら変わらないのが悔しいところですが(笑)そしてとっても「なんてことない」ように見えるのがさみしいですはが、事実、これが理由であり流れです。

 

ちょっと誤解をうみそうなので、もうちょっとつっこんで書いておきます。

 

この気づき。

自分に手をかけなさすぎ!ということに気づいてもっとやりましょう♡、と言いたいわけではありません
全然。

 

このサイトにいきついて、この記事をちゃんと読んでくれているひとが「やってない」って。ありえないですもん。

 

じゃなく。今回のこの気づきは

結構手も意識もお金もちゃんと「許可」してきたけど

ほんとにそれで満足なの?もっと自分を信じたら?

という自分に対する次のステップへの振動、だったんです。

 

 

何かにイラついたり、不満とか不足を感じるときにはぜひ、鏡に真剣に向かってみて欲しいです。

きっと自分の「もっと」に気づけるし、
そこに対する自分の内面の変化を起こす大切な時間になりますから!

と、

言いたかったのでした♡

 

 

Follow me!

スポンサーリンク
by
関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です